弁護士に相談するメリット

弁護士に債務整理手続きを依頼する最大のメリットは、専門知識を持つ弁護士から、最善の解決策を導き出し、速やかにかつ的確な方法で解決できることです。また、弁護士からの受任通知の送達により、債権者からの請求が止まることで、生活の立て直しができることです。受任後の債権者との対応は、弁護士が代理人として行うことになるので、自宅や職場に連絡が来たりする催促いわば「取り立てをされる」といったようなことがなくなります。それは、弁護士が代理人となって債務整理を開始した後は、法律上正当な理由なく本人に支払いの催促などの連絡をしてはならないことになっているからです。その他に、非常に面倒となるのが、慣れない手続きの対応や書類の作成などです。

司法書士でもこのような書類作成と債務整理の手続きは行えますが、任意整理で司法書士に交渉権が認められているのは、借金の総額が140万円以下の場合、または140万円以下の過払い金回収を依頼する場合のみとなります。借入が複数ある場合や多重債務で借金総額が140万円を超える場合、あるいは訴訟が必要になった場合、裁判を提起し代理人となるには、弁護士への依頼が必要になります。

債務整理の相談をして、「返済を続けても借金が減らない・・・」という状態から抜け出しませんか? 借金の悩み、一人で悩まずに当弁護士相談にご相談ください。

一生に一度、あるかないかのお手続きですから、わからないこと、不安なことがたくさんおありかもしれません。一番のポイントとしては、弁護士が交渉することで、ご自身で手続きを進めるよりは、借金の減額に応じてもらえることが多くなります。また弁護士が債権者に債務整理を受任した連絡をすると、その時点で債権者から債務者であるあなたに対する督促が止まり、取り立ての煩わしさから解放されます。

特に、借入期間が長ければ長い程、利息の引き直し計算の結果、借金が既に完済済であること、払いすぎていることがあります。弁護士が交渉しますと多くの場合、各債権者と任意整理を成立させる事ができます。事故破産や個人再生の手続きをご自身で行うこともできますが、容易ではありません。

しかし、弁護士に依頼しますと、全て弁護士が手続きを行いますから、簡単に申立ができ精神的にも経済的にも落ち着いた生活を早く取り戻すことができます。

ページトップに戻る

お問い合わせお問い合わせ