任意整理

任意整理とは

任意整理とは、一時的に借金の返済をストップし、現時点での借金の残額を確定させて、その分にかかる将来利息を付加せず、分割(3年程度)で完済できるよう債権者(金融業者)と交渉し和解書を締結する手続です。

通常、金融業者から借金をした場合、決められた回数に分割して返済していきますが、返済と借り入れを繰り返していくと、毎月利息のみ払っているような状態になり、元本が減らないため、いつまでたっても完済できないという事になります。
そのため、話し合いで利息分をなくしてもらい、返済分がそのまま元本の返済に充てられるようにして、借金の完済を目指します。

お客様が自己破産されると債権がなくなり元本も回収できなくなるため、一般的な金融業者であれば話し合いに応じてもらえます。ただしお客様ご自身での交渉にはなかなか応じない金融業者がほとんどの様です。

また、交渉の過程で過払い金が発覚した場合は、その金融業者に過払い金返還請求をしていきます。現在の正規な金融業者は利息制限法に沿った金利設定ですので、3~4年以内に新規で借りられた借金は、引き直し計算しても減額されませんが、それ以前から借り入れと返済を繰り返している借金の場合は、出資法に基づいた高い利率での借入期間がある場合がありますので、それを利息制限法で計算し直した場合、かなりの金額が減額、あるいは過払いとなっている可能性もあります。

利用できる人

  • ◎   借金を返済する意志がある人
  • ◎   一定の収入があり、返済の見込みが立つ人

任意整理のメリット

  • ◎   弁護士に依頼した場合、すぐに債権者からの督促が止まります。
  • ◎   将来利息がカットされるため、お客様の負担が軽くなります。
  • ◎   裁判所を通さず債権者と個別に交渉を行うため、官報に載ることもなく家族や職場など周囲に知られることなく手続きができます。
  • ◎   任意整理の過程で過払い(払いすぎ)が発覚した場合は、その分を取り戻せます。
  • ◎   弁護士に依頼した場合は、手続を全て弁護士に任せることができるため、裁判所への出頭など時間的な拘束がありません。

任意整理のデメリット

  • ◎   法的拘束力がないため、債権者(金融業者)によっては任意整理に応じない場合があります。
  • ◎   将来金利がなくなるとはいえ、借金自体は返済する必要があります。
  • ◎   信用情報機関に情報が載せられるため、一定期間(約5年~)新たな借金ができなくなります。

弁護士費用

任意整理

  •  
  • 着手金
  • 弁護士報酬
任意整理(1社につき)
3万円
減額となっても報酬は0円※過払い金が発生した場合は
回収金額の20%

ページトップに戻る

お問い合わせお問い合わせ